2009年1月25日 (日)

渋井陽子

日だまりと薪ストーブの暖の中で、大阪女子マラソンを見た。渋井陽子が優勝して、数分後にスタジオでインタビューを受けていた。40キロ以上走ってきた人とは思えないほど普通に受け答えしていた。

ちっともハーハーゼーゼーしてなかった。

現代のマラソンはタクティカルなレースになったようだ。体力は、そのレース展開を支えるために必要なものになったようだ。

そういう時代になったんだなあ。しみじみと思った。アスリートは進化するのだなあ。

かつて私が、... いいかそれは。

|

2009年1月 3日 (土)

箱根駅伝

さっき見てきました。応援してきました。楽しんできました。

今はテレビで見てますが、さっき見てきた選手がテレビに出てます。がんばれー。

私の箱根駅伝の楽しみ方は、徳光方式です。あらかじめ、当日の朝に各校の選手名を調べてプリントして持っていって、選手名を呼んで応援するんです。フルネームを呼んで声援を送ると選手と目が合うことがあるので、嬉しいです。

今年の7区は選手間が空いていたのでほとんど全員呼べました。集団で来られると選手全員呼べないので応援する側からは、バラバラで来てもらえるとありがたいんです。

箱根駅伝を初めて見たときは、彼らのスピードとスマートな体型に感動しました。テレビで見るよりずっとカッコいいですよ。

今年は柏原というスターが出てきたので、あと3年はこの選手で楽しめそうです。

|

2008年8月15日 (金)

オリンピック

この日、この時にこのトラックのスターティングブロックに足をかけることができるのは、ほんとうに限られた人々だ。

他の競技でも同じだ。プールや体操でも同じだ。

その時間と空間を共有できる人はほんの一握りだ。そのためにすべての時間をトレーニングに捧げ、努力してきた。皆、時間は限られている。効果的な練習方法も考案してきた。試行錯誤してきた。競技のスタート時間に合わせて心身の調整もしてきた。そういう人が立てるのがオリンピックだ。

スタート前の一瞬に、ここに来るまでの競技者に思いをはせる。

|